4才の子どもと何処行こう?ご近所から離島まで^^愛娘との旅の記録。

子連れでGOGO!

管理人のつぶやき

うぅ、容量オーバー…。アイフォン(iPhone)で写真や動画が撮れない嫁さん。

投稿日:

iPhoneで撮影した写真

アイフォン(iPhone)で撮影する写真画像ってダントツで綺麗なんですね。知人の格安スマホで撮影した写真を見て、そう思いました。一昔前のデジカメ?っていうくらい格安スマホの写真って画像が荒くてビックリしました。

一方で、画像が綺麗なiPhoneにもデメリットがあります。

それは撮影した写真が重いんデス…、1枚で2MB〜3MBあります。←これって気軽に取り扱えるサイズではありません(~_~;) 動画ともなると更に重くなって10MBとかになることもザラです。子どもと出かけるたびにiPhoneで写真や動画を撮りまくると容量オーバーで、「これ以上、写真は撮れません。」なんて警告が出ることも珍しくありません。

アイフォンに5000枚近くの写真や動画を撮り溜めてる嫁さんがまさにそうでした。今がシャッターチャンス!というシーンに出会っても容量オーバーで写真を撮ることができず、みすみす良い写真を撮るチャンスを逃してしまうことが度々あり、相当なストレスを感じているようでした。要らない写真や動画を常日頃から整理していたら、そういうシャッターチャンスを逃すようなことにはならないわけですが、撮影した写真それぞれに愛着があるようで中々消除するのも躊躇われるよう。さて、どうしますか。という話しです。

アイフォン(iPhone)は定期的な同期(バックアップ)が面倒?

iPhoneの同期

パソコンを良く使う俺なんかは充電がてらLANでPCとiPhoneを繋げることが良くあるため、ついでに同期をしてしまい、PCに画像をバックアップすることが億劫ではないのですが、嫁さんは滅多にパソコンを立ち上げません。

同期自体はそんなに手間なものではないとは思うのですが、普段パソコンを立ち上げない人はこの同期が面倒で…と思う人がかなり多いようです。なので嫁さんのように、iPhoneには大量の画像データが入ったまま、というメモリ不足状態になってる人って案外多そう。

実はこれ、相当危険なことなんです。

というのも、大量に画像データを記録したアイフォンが何らかのアクシデントで壊れたときなど耐えきれないほどの悲劇に見舞われることになるんです。嫁さんは都合2回、この悲劇に遭遇してます。1回目は不意に起動しなくなって画像が取り出せなくなりました、2回目は水没させました。大事な画像データが消失してしまったショックに嫁さんは3日間落ち込んでましたね…(^^;;

そんなこんなでiPhoneとは別にカメラを買おう、とかビデオが欲しいという会話をこれまでに何度も夫婦間で交わしてきたわけですが、そういうカメラとかビデオを買わずに済む方法はないものかね?と家計の財務を取り仕切っている僕は頭を悩ませてきました。だって、嫁さんが欲しいっていうカメラとかビデオって数万円するからね…、そんな簡単に買えるものではないよ…orz

同期が面倒ならば、写真を形に残して消失リスクに備えよう。

ベネッセのフォトブック

元々、我が家には子どもの成長過程を形に残すため「ベネッセのお誕生日記念フォトブック」を毎年作るという行事を執りおこなっていました。←これはウチが「こどもちゃれんじ」を利用しているからです。1歳、2歳、3歳でそれぞれ記念にフォトブックを作成してます。

iPhoneに画像データを入れておいて、気が向いた時にいつでも写真を見返せる、という手軽さも良いですが、フォトブックにして形あるものとして残すというのもいいですよ、本当に記念になります。1年を総括するメモリアルブックとして、このベネッセのお誕生日記念フォトブックは非常に有用なのですが、もっと気軽な現像サービスがあればいいなぁ〜とは前々から思っていたわけです。

で、出会ったのがprimii(プリミィ)ですよ。

primii(プリミィ)は、1枚5円でL判写真をプリントできるという安さも魅力ですが、写真データを5GB保管してくれるというのもまた魅力です。←大事な写真の消失リスクに備える保険として使えますからね。マジで大助かり…(^^;;

僕の実家には親が撮り溜めてくれた写真を姉兄弟それぞれの専用アルバムに保管してくれているわけですが、子を持つ親になった今、そのアルバムを良く見返すことがあるわけで、現像された写真の有難みを僕自身、人一倍、身に沁みて実感しているということもありますが、撮影したものを形に残すというのはそれだけ大事なことだなぁ〜と思うわけで。

やはりアナログにはアナログなりの良い面があるんだなぁ…と再認識したわけであります。「写真という現物を残す」というアナログ行為が復権することを切に願う今日この頃。

新たに一眼レフカメラやビデオを買うことなく、容量オーバーになりがちなiPhone問題を解決できることに繋がったこのprimii(プリミィ)というサービスがもっと世に広まるよう応援したいと思います。ひよこクラブで取り上げられた、というのも良くわかりますわ…。

-管理人のつぶやき

Copyright© 子連れでGOGO! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.