4才の子どもと何処行こう?ご近所から離島まで^^愛娘との旅の記録。

子連れでGOGO!

子育てで考えること

何でこどもの日はお風呂に菖蒲(ショウブ)を浮かべるんだろう?

投稿日:

こどもの日と菖蒲

「なんでネギ入れるのよ~^^」

娘がニコニコして言いました。そうです、今日はこどもの日(5月5日) 湯船に菖蒲を束ねたものを浮かべていたのですが、どうやら娘にはそれがネギに見えたようで…。

ん? そういえば菖蒲をネギって言ったのは去年もじゃなかったっけな?去年も、これはネギじゃなくて菖蒲(ショウブ)って言うんだよ。いい匂いがするでしょ?という話しをしたような…。

でも、緑の葉が長い植物が浮かんでたらネギにも見えますよね。そして1年にこどもの日ぐらいしかショウブという言葉を聞かないので覚えられなくても仕方ない。正直、こどもの日になぜ菖蒲を湯船に浮かべるようになったのか、詳しい由来は僕も知りません。(この記事を書いている今、調べて少し知りましたが…)

いい匂いがするから入れる、こどもの日と言えばこの菖蒲湯と柏餅、ちまき。そういうものだと思って生きてきました。昔から伝わってきた日本の風習を当たり前のものとして続けていく。別にそれはおかしなことではないと思います。詳しい由来は知らずともただ何となく続けてるって家庭も結構多そうだし。

けど、実際子どもが出来たら、今に続いてきた風習の由来というか原点を辿ってみるのは大事かもしれませんね。

「なんでネギ(実際は菖蒲)入れるのよ~?」と娘に聞かれたときに、面白おかしく、記憶に残るように説明することが出来たら、娘も嬉しいことでしょうし。

賢い子どもに育てる、というのが僕の子育てのテーマなんですが、「子を育てる」というよりか「子と共に親も育つ」というのが最近は正しい姿勢なのかな、と思います。

娘から学ぶこと多し! 30後半になって未だ素直な己に乾杯!(自画自賛…)

-子育てで考えること

Copyright© 子連れでGOGO! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.