4才の子どもと何処行こう?ご近所から離島まで^^愛娘との旅の記録。

子連れでGOGO!

奈良 御杖村

みつえ村青少年旅行村に初めて行ってきた!反省と次回用意するもの!

投稿日:2016年8月31日 更新日:

嫁さんから教えてもらって、奈良にある「みつえ村青少年旅行村」というものの存在を知り、お盆休み中に行ってきました。

みつえ村青少年旅行村

結論!アウトドア好きの俺にめちゃくちゃハマる村でした!川は綺麗、遊具もある、そして大自然に囲まれてる。

色んなところに旅をして思うんですけど、俺の地元の千葉って平坦なんですよね。高い山が全然ない。だから紀伊半島の海からいきなり切り立った崖、そして山に繋がっていく高低差の激しい自然って新鮮なんですわ。

御杖村に関しては切り立った山というイメージはありませんが、見渡す限りの森!森!森!そして綺麗な川!川!川って感じでした(笑)

ロクにリサーチもせず、そして予約もせず飛び入りでみつえ村青少年旅行村に行ってきましたので、そこで得たピッチピチの生情報を共有させていただきますね…(^_^;)

駐車場はどこよ?予約をしないとかなり歩きます。

まず…これ、見て↓↓

御杖村青少年旅行村駐車場

たまたま真ん中の列の最後尾にいる車は一時停止してますが、その前の車はそのままそこに駐車して御杖村青少年旅行村の中心部に向かって行ってます(笑)

僕も最初、「なんだ?なんだ?なんでこんなに並んでるんだ?」と思って、最後尾に並んだものの一向に列が前に進まなくて、これじゃあいつまで経っても村の中に入れないじゃないかということで、ここから200mくらい手前にある第2駐車場まで戻って車を停めました。

で、テクテクと第2駐車場から歩いてきて並んでいる車の中を覗いてみて気付いたんです…(^_^;)

みんな、道のど真ん中に車を停めて村の中に入ってるんだ…ってことにね。

ちなみにゲートをくぐって、車のまま村の中に入ることも可能ですが、村の中の駐車場はすべて予約客用なので予約せずに来た人は停めることができません。予約ですがオートサイト5000円、バンガロー10000円、日帰りバーベキューサイト3500円です。お金を払った人だけ凄く便利なところに車を停めることができます(笑)

第2駐車場に停めたうちは下手したら村の中心地から車まで15分くらい歩きましたよ…orz 遠すぎ…w

みつえ村青少年旅行村は関西地方でオススメのキャンプ場に必ずランクイン!

みつえ村青少年旅行村

御杖村青少年旅行村に行ってきた人、また関西地方で川のあるキャンプ場、自然の中で遊べるところを探している人たちの話しを見たり聞いたりしていたのですが、御杖村青少年旅行村は必ずオススメのキャンプ場にランクインしてますね。

確かに、嫁から送られてきた写真がかなりそそるものがあった!↓↓

みつえ村青少年旅行村広告

関西地方にはキャンプ場が数多くあれど、川、遊具、魚のつかみ取りなどが一緒に楽しめるキャンプ場となるとかなり対象は少なくなります。オススメのキャンプ場として「みつえ村青少年旅行村」がしょっちゅうランクインしているのも納得です!

なんで皆持ってるの?お尻の下にひくソリ?

簡易な装備でスタスタと村の中の歩いていた僕ら家族。というか浮き輪とか浮き輪とか浮き輪とか車の中に置いてきちゃった…orz

駐車場遠いし、川までやっと辿り着いたのに戻りたくないな…ということで、水着とゴーグル以外一切の遊び道具なしで川に入りました。

で、不思議に思ったことがひとつ。

すれ違う人、ほぼ皆さん、お尻の下に引いて土手を滑り降りるイチョウの葉っぱみたいなアイテムを持ってるんですよ。

ん?ここには急傾斜になってる土手があって、みんなそこで遊ぶのかな?と思ったんですが、それだけじゃなかった!!(~_~;)

みつえ村青少年旅行村滑り台

なんと川の中にある滑り台もそういうお尻の下に引くアイテムがないと滑れないんです!滑り台は小石?なのか摩擦が非常に大きい材質で出来ているのでズボンを履いててもマトモに滑れないんです。これには「しまったなぁ…。」と思いました。せめて浮き輪があったら滑れたのに…、残念。

とにかくこの村を楽しみたいなら準備しておくべきは土手や滑り台をスムーズに滑り降りることができるお尻の下に引く1人乗り用のソリみたいなヤツです。これがないと楽しさ3割減!気をつけるというか初めて行く人は準備しておきましょうね!

なんなの?運動会?日除けのテント張ってる人多すぎ。

僕が小学生のとき、運動会といえばレジャーシートで場所を確保するのがメジャーでしたけど、今はテントで場所を確保するみたいですね?

御杖村青少年旅行村も例外ではありません↓↓

御杖村日除けのテント

が、御杖村青少年旅行村でも全く同じ光景が広がっていました。見よ、このテントの山!

みつえ村青少年旅行村テント

あ、ちなみにうちはテントも持って行ってません(^_^;) 今回はあくまで偵察。どんなところか様子を見て、良いところならば日を改めて次回念入りに準備してリベンジしようと思ってましたから。

まぁしかし、ゲート前の駐車場であったり、川や平坦地のスペースだったり、夏休み期間中は常時争奪戦でしょうね。

うちの娘は賑やかなところが好きなので、人が多い方が良いでしょうが、親としては狙ったスペースを確保するのも大変です>< その他、村の中ではアマゴとかお魚を手で掴み取りすることもできるみたいですが、それはもうちょっと子どもが大きくなってからでいいかな…。

御杖村の中を流れる川は深くても1mくらいなので、子どもがあんまり溺れる恐れがなくていいですね^^


mitsuemura2

昔、うちの親父は子どもが川に入る時は溺れていないかどうか常に目を光らせていましたが、僕もそんなことを考えるようになったんだなぁ。

村に流れる川の水深は浅いと言っても水難事故には気をつけましょう。子を見守るのは親の仕事。何があるか分からないので目だけは離さないようにしたいもんです。

参考:十津川村にも行ってきた!

http://kozure-ishigaki.net/2017/07/19/totsukawamura/

年に1回!曽爾村の花火大会に行ってきた!

この日は用事があったので、滞在数時間で撤収しました。というか車で30~40分程の距離にある曽爾村で花火大会の日だったんですよね。

ついでに見て帰りましたよ。写真が悪いですが…(^_^;)

曽爾村花火大会

これだけ近くで見られる花火大会は東京や神奈川では中々ないから貴重ですねぇ。隅田川の花火とか有名ですけど電車などの交通は必ずと言っていいほど混乱しますからねぇ。曽爾村の花火は車は流石に集まってきますが動けないほどの混雑ではないので良かったです。

次回、御杖村青少年旅行村に行くときに用意するもの

・日除けのテント←実はオークションで狙ってるのアリ。しまじろう好きの子どもが喜びそう
・お尻の下に引くソリ
・浮き輪

そんな感じですかね。コンパクトな滝(?)とかあって、ユイコも楽しめた風でした!

また、来年かな?

-奈良, 御杖村

Copyright© 子連れでGOGO! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.